ホーム > 新着情報
  • 四国選抜卓球大会の結果【卓球部】

    掲載日:2023年2月6日
    四国選抜卓球大会の結果

    2月5日(日)開催されました「四国選抜卓球大会」の結果
    【準優勝】 (3/24より愛知県で開催されます全国大会へ出場します)

    令和4年度 第50回 全国高等学校選抜卓球大会 四国地区予選会

    <予選リーグ> 第一試合 土佐女子 3対0 尽誠学園(香川)
            第ニ試合      3対2 城南(徳島)
            第三試合      3対2 済美(愛媛)

    <決勝>    土佐女子 1対3 香川西(香川)  

  • RKC高知放送 カレンダー企画「土佐十二景」【書道部】

    掲載日:2023年2月3日

    RKC高知放送で放送中の「こうちeye」にて書道部がパフォーマンスを披露します。
    番組のカレンダー企画「土佐十二景」(2024年)の1月を書道部が担当することとなり、
    昨日、高橋龍介アナウンサーとともに収録を行いました。
    放送は2月6日(月)の15時50分からの「こうちeye 1部」で16時頃に10分程度となります。
    どうぞご覧ください。

    RKC高知放送で放送中の「こうちeye」 RKC高知放送で放送中の「こうちeye」

  • 大道芸アーティストのRYUさん来校【中学2年生】

    掲載日:2023年2月1日

    横浜を拠点に、北海道や宮城など地方でのパフォーマンスもされている大道芸人のRYUさんにご来校いただき、パフォーマンスをご披露いただくとともに、様々なお話を伺いました。
    次から次へと繰り出す高度な技や、思わず大笑いするコミカルな場面が続いて生徒の皆さんは大盛り上がり。 RYUさんも「この技はいつもはしないのだけど…」と大技も見せてくださって、みんな目を丸くして「すごい!」を連発していました。

    大道芸アーティストのRYUさん来校

    パフォーマンス後の質問コーナーでは、「技はもちろん大切だけれど、私たちはもっといろいろ考えながらやっていることがあります」と、表(おもて)に見えている素晴らしい大道芸のウラで、いかにコミュニケーション力が大切なのか、どんな心構えで見てくれている人たちに相対しているのかをお話しいただきました。RYUさんの人としての魅力、芸に向き合う真摯な心構えを知って背筋がピンと伸びる思いをした1時間でした。RYUさん、ありがとうございました。

    大道芸アーティストのRYUさん来校

  • 高校卒業式

    掲載日:2023年1月30日

    1月28日(土)に、令和4年度の高校卒業式がありました。
    第120回生のみなさんが土佐女子を巣立っていきました。6年間、または3年間を一緒に過ごしてきた後輩や教職員も、「お祝い」の場ではあるものの別れの寂しさを隠すことができず、目に涙を浮かべての式になりました。卒業生の皆さんの未来に幸多かれと祈らずにはいられません。みなさん、これから大きく羽ばたいてください。ご卒業おめでとうございます。

    高校卒業式

    卒業生による答辞です。

    高校卒業式

    卒業証書授与の一枚です。卒業生のみなさんのこれからを、私たちも母校から応援しています。

    高校卒業式

    卒業式の「かたち」は代々変わっていません。大先輩方がご覧になって「懐かしい!」というお言葉をいただくことがよくあります。
    これからも本校の伝統を守っていきたいと思います。

  • 今想うこと(57) 濵田美穂 「樹木には精霊が宿る」

    掲載日:2023年1月27日
    今想うこと濵田美穂 「教育実習の面接」

     先週の日曜日、自宅の庭に植えてある樹木がどんどん上に伸び、お隣の家に迷惑がかかってはいけないと心配していたところ、偶然にも造園業の方が飛び込みで訪ねてこられた。「庭の木が伸びているので剪定させてくれませんか」との声かけである。ちょうどどうしたものかと思案していたところだったので、渡りに船でお願いすることにした。
     作業は10時過ぎから始まり、よく切れるはさみとのこぎりで実に手際よく仕事を進められる。元々この敷地には直径1メートルほどの大きなクスノキが植えられており、改築の際、業者の方にその木を抜いていただいた話をしたところ、樹木には精霊が宿っているので、大きな木を処分する際には、自分たちはきちんと神主さんを呼び、お払いをするのだと話してくれた。そのお話を伺い、もうすっかり忘れていたが、当時も大工さんからそんなお話を聞き、お払いをしたことを思い出した。
     その方によると、「たくさんの庭を手掛けているが、樹木に精霊が宿るというのは本当だと思っている」とのことである。毎年、定期的に手入れをするお得意様が多く、そのお宅の樹木が弱っていると、その家のご主人が病気をしていたりすることが多いのだと聞かされた。
     そういえば本校でも、私が中学生の頃から学校では何度も建築工事が行われてきたが、そのたびによくお払いをしていたことを思いだした。特に、昭和40年から始まった、元講堂兼体育館の新築工事の折には、北舎4階の窓から休み時間のたびにその現場を眺めていた。体育館は知事公舎の跡地に建てられたため、その庭のたくさんの樹木を次から次へと伐採し、建築の準備を整えていった。大きな樹木はショベルカーで抜根するのだが、そのときにも神主さんが来られていた。いよいよ建築に着手する前には当時の校長であった木戸耕作先生や理事の方々が出席され、テントを張って地鎮祭も行われた。その後、高校卒業後の昭和41年9月に完成したその体育館も、今は現在の体育館に建て替わっている。光陰矢の如しである。
     樹木には精霊など宿らないという説もあるが、多くの庭を手掛けているその職人さんのお話は、やはり現実味を帯びているように私には感じられた。(写真は追手筋の樹木です)

  • 明日は高校卒業式【華道部】

    掲載日:2023年1月27日

    高等学校卒業証書授与式に向けて、華道部員が舞台の装飾花をいけました。
    普段のお稽古とは違った大きな作品に、ご指導の先生方と協力して挑みました。

    明日は、卒業生の皆さんの心に刻まれる、素晴らしい式になりますように。

    明日

  • 今想うこと(56) 濵田美穂 「嬉しいニュース」

    掲載日:2023年1月23日
    今想うこと 濵田美穂 「嬉しいニュース」

     1月20日、外部の男性の方から学校にお電話がありました。お話しによると、その方は昔剣道具店を経営されており、本校とは長年のお付き合いがあったとのことでした。現在、足を悪くされており、時々歩行がままならなくなることがあり、その日も外出先から帰宅の途中、高知駅の近くで急に歩行困難に陥ったようです。道路でたいへん困っていたところ、ちょうどそこに本校の生徒二人が通りかかり、親切に声をかけ、自宅まで送り届けてくれたとのお話しでした。その親切がありがたく、学校にどうしてもお礼の気持ちを伝えたかったと話され、お電話を置かれました。
     生徒の善行に、ほのぼのとした気持ちになっていたその日の午後、事務室に思いがけない届け物がありました。その電話の方からです。鮮やかな黄色のコスモノアという鉢植えのお花が二つです。私が頂いたわけではないのですが、とても嬉しく心が癒された気持ちになりました。
     ウクライナの悲劇やコロナ感染者数の増加等、暗いニュースが続く中、とてもありがたい出来事でした。高校一年生の二人の生徒さんに早くお花を受け取っていただきたい気持ちでいっぱいになりました。そんな優しい気持ちは、きっといつかまた自分に返ってくることでしょう。これからもこのような良いニュースがたくさん届いてほしいものです。お送りいただいた横井様、生徒にお褒めの言葉と豪華できれいなお花をありがとうございました。

  • 今想うこと(55) 濵田美穂 「2020東京五輪」

    掲載日:2023年1月21日
    今想うこと 濵田美穂 「2020東京五」

     1月19日、高知スイミングクラブ(高知SC)で指導されている瓶子笑里佳様が来校されました。笑里佳さんは本校の卒業生で、彼女も在学時代には水泳部でご活躍でした。現在はご主人とお二人で本県飛び込み界をリードなさり、多くの飛び込み選手を育てておられます。2020東京五輪に出場した本校OGの宮本葉月選手も瓶子様ご夫妻が長年ご指導された選手のお一人です。この度、宮本選手のオリンピック出場時の冊子が完成し、今日はわざわざそれを学校までお届け下さいました。
     冊子には、オリンピックの記事が49ページにわたって掲載されており、東京大会の感激が蘇ってきました。シンクロ板飛び込みは、3メートルの高さの飛び板から、二人が並んで飛び込み、演技がどれだけそろっているかなどを競う競技です。高所恐怖症の私には考えられない演技で、テレビ画面を見るだけでも恐怖心に襲われます。映像で見ると、飛び込みの際には板はかなり揺れているような気がしますので、そのことをお尋ねすると、やはりかなり上下に揺れるとのことです。また、飛び込む角度により失敗すると怪我をすることもあるようで、なかなか勇気のいる競技であることも知りました。強くなるためには体重管理も重要な要素で、特に女子選手は思春期になると脂肪がつき始め、自己管理がたいへんだとのことです。練習・選考・自己管理等、幾つもの厳しい条件をクリアしてオリンピックに出場した選手が、本校の卒業生であることはとても嬉しいことです。
     冊子を拝見し、恐怖感や緊張感を大舞台で経験した実績は、きっと今後の人生に役立つであろうと確信いたしました。冊子は図書館に展示し、在校生の皆ともう一度感動を分かちあいたいと思います。わざわざ届けていただきありがとうございました。

  • 全国高等学校選抜バドミントン大会四国地区予選会結果

    掲載日:2023年1月16日

    団体戦
    一回戦 土佐女子 0-3 新田高校(愛媛県)
    三位決定戦 土佐女子 3-2 城東高校(徳島県)

    個人戦ダブルス
    一回戦 山脇理保子·利根美咲 2-0 城東高校(徳島県)
    準決勝 山脇理保子·利根美咲 0-2 高松商業高校(香川県)
    三位決定戦 山脇理保子·利根美咲 0-2 松山南高校(愛媛県)
    4位確定、全国選抜バドミントン選手権大会の出場を逃しました。

  • 硬式テニス部大会結果

    掲載日:2023年1月10日

    Winter’s Cup 2022-2023
    18才以下女子シングルス 第3位 杉村リナ

    硬式テニス部大会結果

  • 1 23 >

ページの上へ