ホーム > 学校挨拶 >  教育方針・特色

学校紹介

教育方針・特色

教育方針

明朗

心身ともに健康であること。
学校生活での様々な場面を通して何事にも積極的に取り組む「明朗」な女性を育成します。

聡明

洗練された知性と穏やかな態度。
それは長い歴史の中で培われた女子教育から生まれます。
中高一貫のカリキュラムを通じて、自ら進んで学ぶ心と広い視野をもった「聡明」な女性を育てます。

愛情

他人を尊重する「愛情」豊かな女性。
それは生涯の友との出会いや学年を超えた絆を通じて、お互いの個性と創造性を認め合う中で生まれます。

気品

公共に奉仕する「気品」のある女性。
身のまわりを常に清らかに保ち、落ち着いた立ち居振る舞いが身についた情操豊かな女性を育成します。

土佐女子ビジョン

土佐女子ビジョン
グローバルな社会で改めて求められる人間力。土佐女子は改めて4つの柱を軸とし、自分らしくしっかりと羽ばたいていける子どもたちをバックアップしていきます。

~ 思いやりと才気にあふれ、未来の夢を共に語らい、新しい時代へと羽ばたく洗練された女性へ ~
土佐女子ビジョン(信じる力・考える力
土佐女子ビジョン(対話する力・適応する力

特色

日本の伝統文化の奥深さを学ぶことは、豊かな心を育む基礎となっています。

マーク 礼法

礼法
中学1年生時に、礼法を学びます。場面に応じた美しい立ち居振る舞いや作法を体得し、女性としての気品を高めます。心を鎮めて臨む、緊張感の漂う授業は、本校の教育目標の達成に大きな役割を担っています。

マーク 書道

書道
将来、社会で活躍する時、人前でも堂々と文字を書ける女性に成長することが目標です。厳しさの中にも快く書ける雰囲気を大切にし、他教科においても必要な集中力の育成につながるよう指導します。

マーク 茶道

茶道
茶道では、土佐石州流を習います。お茶のたて方はもちろん、掛け軸・生け花の鑑賞やお菓子のいただき方などを含めた所作を実践しながら学びます。仕上げの授業では、着物姿の先生のお点前でお茶をいただき、お茶席の雰囲気を体験します。

マーク 華道

華道
先生方のご指導をいただきながら、実際にお花を生け、小原流の四つの基本を学びます。最後の授業は、一人でお花を生け、先生方からそれぞれに丁寧な講評をいただきます。その後、希望者は小原流の免許も取得できます。

マーク 掃除の徹底

掃除の徹底
「環境が人を育てる」という理念のもと行われる清掃活動。毎日の清掃活動を通して、自らの生活環境を清らかに保つ気配りや、周囲に奉仕する豊かな心が自然と身につきます。

マーク 着付け

着付け
中学3年時に、着物の着付けを学びます。着物は、時代の流れに惑わされない安定感を持つと同時に、四季の変化に合わせて生地や帯を装うことができる柔軟性に富んだ衣服です。浴衣の着付けに始まり、帯の結び方そして和装の所作を学び、自分の着物姿に自信を持って、さまざまな場面で活躍することができるようになります。

ページの上へ